モトボサツ 勝手にブログ セブ島編

日本で物足りなさを感じ、フィリピン修行7年目。日本の常識が通用しない事を良いことに好き勝手にやっています。ストレス発散のためにブログを始めましたが、私の奇妙な生活が何かのヒントになることを願っています。ふふふ

留学やその他でフィリピンにお金を持っていかなければならない場合、

申請してバッグにお金を入れて行く人も多いと思う。

しかしそれが合法でも空港警察に見つかったら

事務所へつれて行かれて拳銃を目の前にかれて

イチャモンつけられて保釈金(賄賂)を要求されるかもしれない。

実際私は2007年にマニラの空港警察から約1時間事務所に軟禁されていじめられた。



最後までお金を渡さなかったので

「お前はイエローモンキーだからお前は今日モンキーハウスだ」

日本が幾らODAをしても意味が無い。
フィリピン人には猿 いや ざるに水だ。
http://cebusurvive.doorblog.jp/archives/33816075.html

沢山お金持ってくる時はセブの場合マニラを回避して上陸したほうが良い。

韓国経由か、成田から直接上陸するのが吉。

絶対預け荷物に貴重品は入れない。到着しないケースだったたまにある。

私がフィリピンへ住み始めた2008年のころは日本人との接触が皆無だった。

ネットもない山奥での生活。



ある意味本当に初心というか原始に戻ったという感じ。

お金はどうしていたかというと、クレジットカードのキャッシング。

月に1度イミグレにビザの延長で行くときキャッシングして生活費を引き出していた。

1週間以内の旅行ならこれでいいと思うが、1年以上そうやっていた。

今考えたらものすごく損をしていた。換金レートでのロス、手数料2種類。 


ずいぶん回り道をしながら経験値が上がり、結果私流のやり方はこんな感じ。

1、セブで円口座、ペソ口座の開設をする。
2、日本の銀行から円をそのままセブの円口座へ送金
3、セブで円を引き出して自分でペソ換金(ここでレートをコントロールできる)
4、金利の良い銀行(年利3-5%)や保険会社のファンド(年利30-50%)に入れる
5、4の利息を年に2回メインバンク口座へ預け、ATMで都度引き出す。

ちょっと面倒くさいかもしれないけど、

リスクを回避できたうえ、コンバートに関する手数料は少ない。

しかも日本の銀行でネットバンキングの設定をしておけば必要な時に日本から送金しフィリピンで引き出せる。

フィリピンの治安がもっと良ければバッグに入れてくるものありなんだけど・・・
 

留学、ロングステイを含めてしばらくフィリピンへ住むことになった方は、やはり始めが肝心。

・生活費 お金のこと

まず寮やホテルにタンス預金しないほうが良い。

ホテルのセーフティボックスからお金が無くなることだって普通にある。

やはり銀行口座を作るのが吉。

キャッシングは旅行者や留学生などの一限さんは良いが、それ以外の人はもったいない。

日本のカード会社からの手数料、レート悪い、引出時の手数料。トリプルパンチだ。

最近は外国人の銀行口座開設のハードルが高くなってきている。

基本的にパスポート以外にACR-ICARDまたは永住ビザが必要となっている。


・ 健康のこと

フィリピンはばい菌だらけだ。

まず真っ先に気が付くのは空気の汚さ。

鼻毛が伸びるのが早い。

水や食べ物だって気を付けなければいけない 。

日本にないような病気だって普通にある。

医療費はかなり高い!

日本は国民健康保険に加入義務があり3割負担で医療を受けられる。

だから日本では医療費のイメージはあまり高くない。

日本人がフィリピンで病気や怪我で入院すると非常に高く感じる。

っていうか日本人価格が絶対ある。

値段は医師が調整するのだ。

例えばデング熱で1週間入院した場合安くても10万円は覚悟しないといけない。

予防接種で防げる病気は防ぎ、蚊が持ってくる病気にならないように蚊を避けるような努力が必要。



・私が思うスターターキットとは

銀行口座

医療保険(できれば海外旅行傷害保険)

予防接種

パスポート以外のID(ACR-ICARDやフィリピン自動車免許)

視察し、フィリピンへ住むと決めた時には上記スターターキットは最低限の装備となる。

特に保険は生死にかかわるので早めになんとかしたほうが良い。

詳細はこのブログの 「フィリピンの病院の怖さ」参照


その他

携帯電話はすぐに買ったほうが良い。

フィリピンは携帯が面倒な契約なしで機器だけ購入可。

安いのは1000ペソ以下。

シムカードとロードが別途必要だ。

シムカードは数社から選べる。

私はグローブという会社だ。

グローブ同士なら通話無料というプランに入っているのでぜひおススメしたい。

値段は50ペソ程度だ。

ロードはプリペードカードを購入するのが日本人的に一般的だ。

現地人は20ペソとか少額をパサロードしてもらっている。

100、300、500ペソから選べる。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

フィリピン留学 ブログランキングへ

 

投資信託 ブログランキングへ

@With 人気Webランキング

ブログ王ランキングに参加中!


このページのトップヘ