モトボサツ 勝手にブログ セブ島編

日本で物足りなさを感じ、フィリピン修行7年目。日本の常識が通用しない事を良いことに好き勝手にやっています。ストレス発散のためにブログを始めましたが、私の奇妙な生活が何かのヒントになることを願っています。ふふふ

「ティムさんしっかりしてますよね」

「昔は普通にオカニ頂戴系だったんですよ・・・」
 
誰も私の教育とか指導の成果という言い方をしてくれんとです・・・


最初あった頃はそれなりの大学を出ているので、きっと家柄もそこそこで、マインドもその辺のフィリピーナよりマシなはずだと勝手に思っていたが、全然違った・・・

私はセブに戻ってきて、ティムはスービックで働いて頃、テキストが来た。

「タンジュビダカラオカニ頂戴」

「てめぇGROみたいな事言うな!」

マクタン島のガイサノグランドモール付近で電話越しに怒鳴った記憶が今でも新しい。

その後、知り合いのフィリピン人に”誕生日にお金をねだる事”が普通かどうか聞いてみると、わりと普通だという。

そんな感じで一緒に住み始めてからも文化、風習、常識、価値観、性格の不一致等で激しく衝突。

痛みを伴う改革が行われて行った。
koizumi
ここ数年でスーツケースに荷物をまとめてかれこれ20回以上出て行った。

やべ、俺、言い過ぎたかな・・・

2回目位まで焦ったが、それ以降は菩薩らしく達観した。

戻って来なかったら明日からJチャンを家に呼ぼうかなぁ

そんな計画を練る程のユトリさえ生まれた。

でも翌日にはふて腐れて戻ってくる。

劇的に変わり始めたのは段取りを覚えてからだった。


私がシャワーするときは終わる迄にパンツとタオルを用意しておく事! 

もし忘れたときはわざとフリチンで家の中をウロウロして見せた。

日本人妻と違いフィリピーナってそういうの凄く嫌がるのだ。ふふふ


出かける前にアミーゴを通りへ出し、エアコンをつけて車内を冷やしておく事! 

まるでトップガンのトムクルーズの様に素敵にスクランブル発進してみせた。

 
たったこの二つが出来るようになると、他へ応用し始めた。

ビサヤ、タガログ語には段取りという言葉が無い。

言葉が無いという事は概念が無いという事だ。

レストランのオーダーで品切れ続出はこのため。

天下のジョリビーもポテトが無いとか、

ぜひご参照ください

銀行ATMもしょっちゅう紙幣切れでオフライン表示。

20151213_133856
なんだそのCHAS LOADINGって???


段取りという得体のしれないものを人生に取り入れる。

それは正に痛みを伴う大改革。

うちはそれで日本人に対応できるようになった。

しかし、第一に相手にナメられない事が肝心だ。

日本人はとかくフィリピーナにナメられやすい。

もちろん部位によっては大歓迎だったり

どうせコイツ何も分からんやろ的に足元見られやすい。

その土台を固めた上で痛みを伴う改革を進めていくべきだろう。

モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2もぜひご覧ください。


良かったら一回応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 


スポンサーサイト

セブ好立地
オフィス、居住向けコンドホテル
hotel_banner_5 (1)




フィリピン留学先探すなら
top-left_logo


以前本ブログでご紹介したジョジョのカーエアコンショップ。

やらずボッタくり体質のフィリピンで、顧客本意のサービス精神は流石日本で修行しただけの事はある。

フィリピンは店のオーナー、スタッフ、顧客が低次元でバランスをとっている。

客の求めるレベルも低いから丁度良かったりする・・・

”ワラ”という全部成り行き任せの言葉で済まされる非常に恐ろしい国だと感じている。

顧客満足の努力はある意味フィリピンの低次元生態系を破壊する存在だと言える。

ジョジョのカーエアコンショップ。

早速ご利用頂いた方からわざわざお礼のメッセージを頂いた。

自分はまったく関係ない立場だが、ブログ情報がお役に立てた事が非常に嬉しく思う。

ご無沙汰しています。
突然すみません。
今日、モトボサツさんオススメのカーエアコンのMr.JOJOのところに修理をお願いしにいきました。ご説明通りの人物で無事一発で直してもらうことが出来、値段も他の修理屋の見積もりの何分の一でした!
何より説明にフィリピンでよくある場当たり的な胡散臭さを一切感じさせず、的確に説明してくれたのでとても気持ちの良い取引が出来ました。
一発で問題を解決できる確率は宝くじに当たるのと同じ?なんて言っている人が多い中、とても気分が良かったので思わずお礼のメッセージを入れさせて頂きました。
また機会がありましたらご一緒させて下さい。
良い情報有難う御座いました
 
何より説明にフィリピンでよくある場当たり的な胡散臭さを一切感じさせず、的確に説明してくれたのでとても気持ちの良い取引が出来ました。

ここが一番のポイントかもしれない。

場当たり的は国民性と言える。

たとえば、誰かに道を尋ねても、適当にウソを言う。

一回大学生とその話をしてみた事がある。

「なんでフィリピン人って道とか聞くと適当な事いって誤魔化すのかな?」

「たぶん知らないって言うのが恥ずかしいんじゃないかな」

単純明快な回答だ。

”自分は分からない”というホントの事が言えないのは我が身の保身に安易に走るという事だ。

それは本能的行為と言える。

ごめんなさいが言えないのも根本は同じだろう。

コチラご参照ください。


ところで、

もし、車のエアコンの修理をジョジョの店で頼む時のポイントが一つある。

それは、電話でジョジョがその日に居るかを確認しておくことだ。

なぜなら、彼以外のスタッフはタンバイにちょっと毛が生えたような感じで普通のフィリピン人。

ジョジョから指示が出て初めてちゃんと動ける。

だから、極力ジョジョを捕まえて直接チェック及びスタッフへ指示をしてもらうことが肝要だ。

ジョジョの店に関してはコチラをご覧ください。


モトボサツ勝手にブログセブ島編VOL2もご覧ください


スポンサーサイト

セブ好立地
オフィス、居住向けコンドホテル
hotel_banner_5 (1)




フィリピン留学先探すなら
top-left_logo


 

「モトボサツって何ですか? どこで切るんですか?」

「元菩薩です、モトで一瞬溜めてください」


怪しく隠微な雰囲気が漂う亜熱帯の盗難アジアで落ち着いて菩薩やるのは絶対無理。

もしやれるとしたら銀行強盗でもして、その金でABACAホテルに1年程蟄居し、静寂を手に入れた時位しか思い浮かばない・・・

そして元菩薩=モトボサツを名乗ることで自由になれる気がした。

ペンネーム。

本名と違う名前で一切のしがらみを断ち、自分らしさを手に入れるための切符。

親は結構適当に子供の名前を付けるものだ。

私の本名は晴〇。

その日スカッと晴れてからだと爺ちゃんがつぶやいた・・・

もし雨とか降ってたらどうなっていたのだろうか?


夏目漱石もペンネーム。
NATUNE
こんな事して遊んでいる場合じゃない。

「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」という四字熟語が由来。
意味は、屁理屈を言って言い逃れをすること、負け惜しみが強いことのたとえ。




双葉亭四迷
FUTABA
文学に理解のなかったお父さんに、「くたばってしまえ」といわれたことから。

作家は自虐的な人が多い・・・ 

きっと人生シャに構えた屈折したマインドから素晴らしい文章は生まれるのだろう。

もっと屈折してやるばい!




銀河鉄道999を書いた松本零児。
MATUMOTO

“零歳児の自由で無限の感性をいつまでも忘れずに”というポリシーと午前零時を過ぎないとアイデアが浮かばない事が度々あった事に由来する。

ちなみに私は出来るだけ早朝ブログを書くことにしている。

夜だとビール飲んで下世話な話になりがちだ・・・

ぜひこちらをご覧ください


ネットでは本名使うと何かとリスキーなのでHN(ハンドルネーム)というものが使われる。

どうせなら、昔の作家にちなんで、自虐的発想のHNでデビューするのも良いかもしれない。


良かったら一回強めに押してみてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 



スポンサーサイト

セブ好立地
オフィス、居住向けコンドホテル
hotel_banner_5 (1)




フィリピン留学先探すなら
top-left_logo




このページのトップヘ