P1251949
会社を辞めた集金担当者の名前は周知される。

その社員のフリして集金したままトンずらする事が多いようだ。

毎朝どこかに掲載されているこの手の広告。

フィリピンでは個人情報保護の概念なんて100万年早いようだ。


ところで、

pasayan beautyという言葉を覚えた。
パサヤン ビューティー

先日フィリピン人の知り合いがナイスバディーな女を指さして”パサヤンビューティー”と言ったのがきっかけだった。

パサヤンはビサヤ語で海老の事。

直訳すると海老美女。

では海老美女とは一体何なんだろう?

海老のように肌が固いのか?

それとも興奮すると赤くなる?

実は体はナイスバディーだか首から上が残念な女の事を指すらしい。
pasayan
後ろから見て”おお!”と思っても振り返った瞬間テンションが下がった経験は誰でもあるはず。

日本人は海老の頭も何とか食べようとするがフィリピン人は絶対食べない。
ebi

首から下だけしか評価できない場合に使うのだ。

何て失礼な言い方なのだろう!

完全に自分の事は棚に置いた図々しいヤツラだと思いながらも、これは何かと使えるビサヤ語だと思ったので早速覚える事にした。

モトボサツ流の言語習得法はインプット2割アウトプット8割。

その日該当者を見つけるたびに何度も「パサヤンビューティー」と小声で発声した。

良かったら1回クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

既に0.1秒以内で反射的に出てくるようになってしまった!

美人だが、脳みそが残念なセブアナグアパにも応用が効く技かもしれない。

喧嘩した時にpasayan babae ka!と一本勝ちが狙える気がするがどうだろう?


     *


話は少しそれるが、外国語を習得する上で不可欠なものは絶対アウトプット。

自分自信のこれまでの経験とフィリピン人に日本語トレーニングを行う中で確信を持って言える。

トレーナーは自分をインストールつもりで生徒の前で見本を見せ、さらに生徒と一緒に何度も合唱する事が不可欠。

アウトプットをいかに効果的に作り出すか。

極論だがこれに尽きるだろう。

本を買って自分の中に情報をいくらダウンロードしても会話のメモリ上に乗ってこない。

何度もアウトプットすることで感覚的に沁み込み独自の互換性が初めて生まれる。

せっかくセブで語学留学している方は日本人同士つるまずぜひ学校の外でドンドンアウトプットするべし。


余談だが、フィリピン人をトレーニングする上で大事な事をまとめてみた。

1フィリピン人になめられない事。

2自信を持って取り組む事。

3冗談を交える事。

4先生と呼ばせる事。

5愛情を持って接する事。

抽象的な事もあるが、今の所そんな感じか。

1と2は結局同じ事なのだが生徒と同じ次元に居てはダメだ。

だから可愛い生徒に手を出したりプライベートで一緒に遊んだりするのはもってのほか。

これはビジネスの世界でも同じだろう。

3は集中力の問題。

フィリピン人にとってオカニの絡まない話は15分が限界。

冗談を交える余裕が無いとテンパってしまうだろう。

ビサヤ語の冗談をいくつか覚えると楽だ。

4これも1や2と同じ。

必ず先生と呼ばせる事で身分の差が歴然とする。

5仕事だと割り切った感じの先生は生徒からするとつまらないだろう。
 
野球で言うと先生はトレーニングコーチ兼監督だ。

実はけっこう大変なのだ。

教師というより群れのリーダーという心構えが大事だと思う。

以上がフィリピンでの教師生活から得たまとめ。
 
偉そうに言ってしまったが何かの参考になれば幸いです。

良かったらもう1回クリックお願いします。
  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

inqure


** モトボサツ セブ市内 おススメのホテル **
osusume
セブのリピーターさんの定宿特集

 
フィリピン留学 ブログランキングへ

 

投資信託 ブログランキングへ

@With 人気Webランキング

ブログ王ランキングに参加中!